ウォーターサーバーを解約する理由って?費用・ノルマ・ボトル交換などから検証!

ウォーターサーバーを解約するか悩む女性

理由があって使い始めたウォーターサーバーだけど、解約しようかな…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は、ウォーターサーバーを解約する理由についてみていきます。

ウォーターサーバーを解約する理由とは?

費用

よく取りざたされる解約理由としては費用になります。
ウォーターサーバーを利用するには、毎月の維持費としての費用を払っていく必要があります。
月々の費用は水の料金をはじめ、サーバーレンタル料、電気代金、配送料などがあります。
それぞれの価格は業者や利用条件によって異なってきますので、正確な情報は契約した会社に確認する必要があるでしょう。
大体の目安としては、水の消費量を1日1リットルとして月の電気代を1,000円とした場合、3,000~8,000円ほどです。
毎月の費用以外には、会社によっては初期費用や、定期的にメンテナンス料が必要となることもあります。
通常の料金体系はこのような費用となり、あとは契約期間未満で解約してしまうと解約金などの追加料金が発生するので要注意です。

ノルマ

解約を考えてしまう要因としてノルマの問題があげられます。
ウォーターサーバーの宅配水業界には毎月の注文する数量が決まったノルマの制度があり、購入者が理解しないまま契約すると後々トラブルとなってしまうことがあります。
この発注ノルマとは大きく分けてふたつあり、ひとつは配送時の最低注文ロットを指します。
例えば、最低ロットが30リットルの契約なのに購入者が10リットルだけ必要になるのでその分だけ注文したいという場合は話がかみ合いません。
しかし、水は半年から1年程度は保存できるので1度に多少多く配送されても使えなくなることはありません。水をすべて使い切って注文すればよいのです。
問題はもうひとつの月間注文ノルマです。月間注文ノルマとは、月々に最低限の本数の水を注文してくださいというもので、月間注文ノルマが30リットルならひと月に20リットルしか水を使わないといった場合でも最低30リットルは購入することが必要となります。しかし残りの10リットルは本来必要ではないのです。
このようなノルマがあると、特に一人暮らしをしている人たちはノルマのために水を消費しないといけないので、負担となってしまう方が多いようです。また家族の場合でも家族がいるから水をたくさん消費するに違いないと思い、ノルマのことは気にせず契約したものの、実際にウォーターサーバーを使ってみると、予想よりも水の消費量が少なく、使い切れないということがあるようです。

ボトルを交換するのに手間がかかる

解約を考えてしまう理由として交換の手間もあげられています。
一般的なウォーターサーバーは、どのメーカーでもボトルの大きさは12リットルが基本です。しかし、12リットルのボトルは、その重さは12キロ以上になるので、力の弱い人が持ち運ぶのは大変になります。
また、ガロンボトルの場合は、ボトルの重さも加わり12リットルの水の重さは約13キロになります。
そして、ほとんどのウォーターサーバーが、ボトルを設置するときに重いボトルを持ち上げなければならないようになっています。
特に力の弱い女性で12キロものボトルを持ち上げるのは大変と言わざるを得ません。
そのため、家庭によっては、ボトルを設置するときに男性にお願いしているといったケースが多いのではないでしょうか。
このような背景からか、最近ではボトルの設置位置がサーバーの下部設けられたり、持ち上げやすいようにボトルに取っ手をつけたりといった工夫も見受けられます。

空になったボトルを置いておくスペースがない

リターナブル方式のウォーターサーバーの場合、使い終わった空のボトルはメーカーに返却する必要があります。
リターナブル方式とは、使用済みのボトルをメーカーが回収し、洗浄後に再利用する方式のことです。
そのため、空になったボトルは、配達員が取りにくるまで捨てずにどこかに保管しておかないといけないのですがスペースがあまりない場合は困ってしまうという方がいるようです。

解約するときの注意点

解約金がかかることがある

そして実際に解約しようと踏み切る際に注意してもらいたいのが解約金になります。
契約中のウォーターサーバーメーカーを解約するときに、解約金が発生するケースがあります。
ただしメーカーによってこの解約金の有無、あるいはその費用が違ってきます。解約金のことを知らずに契約してしまい、請求がきてからトラブルとなってしまうこともあるようなので注意が必要です。
ウォーターサーバーの乗り換えを検討しているようであれば、新規乗り換えキャンペーンを利用して、解約金をお得に済ませることができるようです。
ウォーターサーバーが必要であるのに、何かしらのリスクによって、解約をしなければならないという人もいるでしょう。
その場合、ただ解約をすることばかりを考えるのではなく、他にサーバーのタイプがないのか、違うプランを契約することはできないかなど、問題点についてメーカーと相談してみるといいかもしれません。