水道直結型ウォーターサーバーという選択肢がある!ボトル型と比較しながらご紹介!

水道直結型とボトル型のウォーターサーバー

ボトル型ウォーターサーバーの水のおいしさには満足していたけど、様々な負担を理由に契約を続けることが難しいと悩んでいる方も多いでしょう。 今まで自分に合ったおいしい水を飲んでいたのに、いきなり水道水に戻るのもどうかと考えてしまうという方もいるかと思います。 そこで今注目を集めていて、おすすめできる水が水道直結タイプのウォーターサーバーという選択肢について考えてみたいと思います。

水道直結型のウォーターサーバーとは?

この水道直結型サーバーに利用されるのは、家庭に供給されている水道水になります。もちろん水道水で給水するサーバーです。その仕組みや費用、メリットについてみていきましょう。

仕組み
従来のボトル型サーバーでは、工場でろ過した新鮮な水をボトルに詰めて、サーバーを利用している各家庭へと送り届けられていました。 これに対し、まさに次世代式ともいえる水道直結型のウォーターサーバーは、家庭に供給されている水道水を、サーバー内でろ過をするのです。
設置
設置するのに工事が必要と聞くと、嫌厭される方もいるかもしれませんが、けして大掛かりなものではありません。 水道管へパルプを連結し、そこからサーバーまで延長パイプを使って水を引くだけなので、工事に一日かかってしまうなどの心配もありません。
費用
基本的にかかる月々の費用はウォーターサーバー本体のレンタル料金のみになります。 その他には、多少の電気代とフィルター交換くらいなので、ほぼレンタル料金だけで追加費用がかからないのが魅力だといえるでしょう。

過去にボトル型ウォーターサーバーで費用がかかってしまったのがネックとなって辞めてしまった方や、もうすでに解約の検討をしている方でも、安心して使える費用構成となっています。
使えば使うほど毎月の費用がかさんでしまうボトル型ウォーターサーバーでは考えられなかった費用構成になります。また水道水の水を使っているのでいつでも水の残量を気にする必要はありません。

メリット

今までのウォーターサーバーで問題としていた重たいボトルの取り付けがなくなります。

そのため、女性や高齢の方が無理をして重たいボトルを持ち上げたりする必要がないことが何よりのメリットだといえるでしょう。

また、ボトル型サーバーでは付きものの、受け取るときの手間もかかりません。

また、ボトル型を利用していると、使用量を気にして、飲み水以外には使えなかったという方も多いでしょう。

飲み水として以外にも、料理や洗顔、お風呂、洗濯など、使い道がたくさんあります。

コーヒーが美味しくなったり、肌がキレイになったり、煮物の味が変わったり、使ってみるとそのメリットがわかるはずです。

水道直結型のろ過技術

また興味深い点では水道直結のウォーターサーバーの魅力となるポイントは水道水をろ過する技術にあります。

ほとんどの水道直結のウォーターサーバーにはRO膜という超微細孔のフィルターでろ過する技術を搭載しています。

これでろ過された水を「RO水」といいます。

簡単にいうと、ろ過をすることで不純物が取り除かれた、限りなく純粋な状態に近い水になります。

そのためボトル型サーバーとはそもそものシステムが異なりますが、家庭でも安心しておいしい水を飲むことができる点は何も変わらないでしょう。

ボトル型ウォーターサーバーで満足できなかったという人も、水道直結型なら検討してみる余地があるのではないでしょうか。

各会社のプランによるのですが放射性物質を除去できるコースや、水素水をプラスできるコースなど、プランも多数用意されています。

このように自分の水を使う目的や用途に合わせてプランを利用できるようになっていますので、自分の生活や家族の生活スタイルもあわせて検討した上でプランを選択してみてはいかがでしょうか。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。